2024-05

雑談

『思い出トランプ』を読む

『思い出トランプ』の中で向田邦子が描いているのは親であり、夫であり、妻であり、娘であり…つまり家族である。そしてその家族は現代のそれではなく、間違いなく昭和の家族だ。 家族の紐帯がよりくっきりとイメージできた時代の中における...
雑談

恵迪寮記#1 寮の食事

その時僕はマルエフのビール缶を握っていた。空になった缶をいじる。目は、向かいの席に座った人が喋る様子を見つめている。しかしくっきりと見えているわけではない。ぼーっとしている。 都内のビルの19階にあるオフィスに、僕は居た。し...
雑談

『地の糧』(新潮文庫)を読む

浜の真砂(まさご)は心地よいと読むだけでは私は満足しない。 私は素足でそれを感じたいのだ。まず感覚をとおして得た知識でなければ私には知識とは無用のものなのだ。 p30 フランス近代文学者のジットは、1893年からおよ...
タイトルとURLをコピーしました